幸田町少年少女発明クラブで講座を開きました
ホーム > 幸田町少年少女発明クラブで講座を開きました

幸田町少年少女発明クラブで講座を開きました

2018年03月01日(木)6:48 PM

2018年2月18日、平成29年度の幸田町少年少女発明クラブ最終回が行われました。
今回は弊社ことセキアオイテクノ株式会社による、オルゴールゴマ作りの講座を開きました。
これは弊社のハンダ付け教材を使用し、ハンダ付けが成功すれば、コマを回すことで遠心力でスイッチが作動し、LEDが光り、メロディICが作動して音楽が流れるという、作っても完成しても楽しいコマを完成させる講座です。

 

講師 : セキアオイテクノ株式会社 都築 勇太

 

講師の都築が、全体の流れや実際の作り方などスライドにまとめて紹介した後、一斉に製作スタート!
ハンダ付けが初めての子には、イメージトレーニングから。
1、2、3(基板をコテで温める)、4、5(ハンダを足す)、6(ハンダを先に離す)、7(コテも離す)・・・
さあ付けてみよう! あれ? 糸ハンダが基板にくっついちゃって取れない?? 先にハンダを離さないとね、とこんな感じです。

 

わからないと言われた箇所を見ています

 

ハンダ付けに慣れていてどんどん進んでいる子もいましたが、みんな共通して部品ごとにハンダ付けするコツは、都度覚えていくことになります。
高さがあって付けにくい部品にマスキングテープで固定したり、マスキングテープは熱伝導する部品によるやけどを予防するのにも使用したり、電池やLEDのリード線では+-の方向を間違えると動作しませんし、メロディICは入れる向きを間違えると音が鳴るけれど音量が小さいという中途半端な不具合で間違っていることに気づかないなど、こんな小さなおもちゃにも、いろいろな山あり谷ありが詰まっているのでした。

 

誤ってハンダ付けされた箇所を修正します

 

閉講式も兼ねていたため、講師の人数が普段より多かったことが幸いし、全員無事完成!
余り時間に子どもたちの声が響きわたります。

 

めっちゃ遊んでる。。

 

閉講式には、全国少年少女チャレンジ創造コンテストに出場した作品のお披露目があり、複雑なからくりを駆使した作品の仕組みなどを解説いただきました。
当コンテストは、小・中学生を対象としたモノづくりの全国大会です。幸田町は全国大会出場の常連で実は名門だったりします。

 

今年は全国第3位の作品も誕生しました

 

 

発言賞や皆勤賞など子どもたちの表彰もありました。

皆勤賞の子は起立!  結構いました

 

そして、幸田町少年少女発明クラブ大嶽会長、愛知県発明協会石丸会長、大須賀幸田町長、愛知工科大学安田学長の順にご挨拶がありました。
お子さん、親御さん、講師方をねぎらっていただいたり、何よりこのような会が開けるのも環境が整ってこそという気づき、好奇心が人を伸ばすというお教えなど、様々なお言葉をいただきました。

 

さて、このような幸田町少年少女発明クラブも、もうすぐ平成30年度の募集の時期に入ります。
応募者多数で抽選となることも多いそうですが、我こそはという幸田町在住の小学4~6年生は応募してみてください。

 

また、ものづくりをテーマに講座を運営していただく講師や、子どもの理解を促したり安全を見守っていただく指導員も募集しています。

 

お問い合わせ先はこちら



«   |   »

自社製品のご案内

地域活動について

実装TOP便特機部概要

セキアオイテクノ株式会社
愛知工場 特機部
〒444-0102
愛知県額田郡幸田町大字
久保田字社口7番地
TEL 0564-62-2000
FAX 0564-62-6847
お問い合わせはこちらから


大きな地図で見る

実装TOP便運用会社

過去の記事

カレンダー

アクセスカウンター

  • 163439総閲覧数:
  • 77今日の閲覧数:
  • 89482総訪問者数:
  • 74今日の訪問者数:
  • 73一日あたりの訪問者数:

特機部B面 つぶやき中!!